江東区 人工透析 糖尿病|清湘会記念病院 公式サイト(東京都江東区)
 
JR総武線「亀戸駅」 徒歩4分
サイトマップ
 
  看護理念、目標のもとに私たち看護部職員はベットサイドケアの充実を図り、質の高い看護を目指しています。地域の方々の健康管理などを通して、地域に密着したアットホームな看護を心がけています。また、生涯にわたり週3回の治療が続く透析医療では、患者さんが医療内容を理解し健康な日常生活を送れるよう支援しています。
患者さんの立場にたち、愛情と思いやりのある安心な看護を目指します
1.患者さんの満足を第一に考え、
  一歩先を実践できる看護を提供します
2.患者さんの人生を豊かにするための方法を一緒に考えます
3.他部門と協働し、チーム医療を推進します
4.人間として、専門職としての自己研鑽に努めます
5.地域との連携を図り、地域社会に貢献します
WIN-WINを目指す。
患者さん、スタッフ共に満足のできる組織を作る。
「自分がされて嫌なことは人にしない。自分がされて嬉しいことを人にしよう」
患者さんが何を求めているのか、どうしたらご満足いただけるのかを常に念頭において、看護を提供します。
アセスメント能力を高め、思いやりをもって看護をしたその先に、やりがい感、充実感が生まれてきます。
そのためにはスタッフ自身のワークライフバランスも整っていないとできません。
その実現のために環境を整え、病院スタッフが協力して仕事ができるようにしていきます
専門職としての看護業務が責任をもって遂行できるよう知識・技術を学び、誰もが患者個々に最適な看護を提供できるようにします
1.人間としての感性を磨くことで、患者さんに寄り添うためのスキルを得る
2.他部門の人々と協働して、チーム医療を果たしていくために必要な基本的態度と習慣を身につける
3.自己の知識・技術を常に評価し、他者評価を受け止め自己研鑽に努める
  看護部
  技士部
  栄養科
医療法人社団 清湘会 清湘会記念病院   〒136-0071 東京都江東区亀戸2-17-24  TEL.03-3636-2301(代表) FAX.03-3636-2304
COPYRIGHT(c) Seishokai Memorial Hospital All rights reserved.