江東区 人工透析 糖尿病|清湘会記念病院 公式サイト(東京都江東区)
 
JR総武線「亀戸駅」 徒歩4分
サイトマップ
 
ラジオ波(高周波)アブレーションカテーテルによる下肢静脈瘤の治療を開始しました。
保険適応となります。
下肢静脈瘤とは血液の逆流を防ぐ静脈の弁が正しく閉じなくなり、血液の逆流が起こって、足の静脈が瘤状にふくらみ変形する疾患です。
足の血液循環が悪くなってうっ滞を起こすので、足のむくみや痛み、色素沈着や皮膚の潰瘍などの症状が出てきます。
下肢静脈瘤の治療法は、下記となります。それぞれ長所と短所があります。
治療法
概 要
長 所
短 所
圧迫療法 弾性ストッキングや弾力包帯で足を圧迫して静脈のうっ血や逆流を防ぐ。 ・低価格
・重大な副作用がない
・保険適応でない
・履いている間しか効果がない
・着脱が困難

硬化療法

静脈内に硬化剤を注射し、逆流を起こしている血管を閉塞させ静脈瘤を消失させる。 ・外来で簡便に実施可能 ・色素沈着やしこりが残ることがある
・再発率が高い
瘤切除術 側枝型静脈瘤に対し、局所麻酔下で静脈を結紮・抜去する。 ・場合により日帰り手術が可能
・ストリッピングやレーザーとの組み合わせで行うと良い
・複数の創ができる
・症状の緩和は困難
・再発率が高い
ストリッピング
手術
鼠径部と膝下で皮膚を切開し、専用のワイヤを用いて、伏在静脈本幹を抜き取る。 ・根治性に優れ、再発率が低い ・入院が必要なことが多い
・最も侵襲的
・皮下出血、神経障害など後遺症を伴うことがある
血管内焼灼術 レーザーやラジオ波による熱で伏在静脈本幹を凝固・閉鎖する ・低侵襲で創が少なく、場合により日帰り治療が可能 ・長期成績が不明
・再開通する事がある
・深部静脈血栓のリスクがある
「血管内焼灼術」のうち、
ラジオ波(高周波)による治療が、「ラジオ波治療」です。
ラジオ波(高周波)とは医療分野で広く使われている電磁波の一種で、肝臓癌、乳癌などの治療に以前から利用されていて、皮膚科・形成外科手術などにも広く応用されています。電気メスなどもこれと同じ原理になります。
手術方法は、レーザーを用いたカテーテル治療とほぼ同じで、レーザーの代わりにラジオ波(高周波)を用いてカテーテルを使い静脈壁を焼灼する方法です。
逆流を認める伏在静脈にカテーテルを挿入し、
血管内から焼灼します。
伏在静脈は収縮閉塞し、
静脈瘤の原因となる逆流がなくなります。
周囲組織がダメージを受けません
ラジオ波を用いることで、静脈壁のコラーゲン繊維をターゲットとして均一に焼灼することができます。
それにより周囲組織がダメージを受けることなく、静脈壁のみを焼灼することができるということです。
静脈壁をよりばらつきなく均等に焼灼できます
焼灼温度を常に120℃に保つようにジェネレーター側で出力をコントロールするために、
焼けすぎるということが避けられ、静脈壁をよりばらつきなく均一に焼灼できるようになります。
早く焼灼することが可能です
7cmごとのセグメントで焼灼することで、面として静脈壁が焼けるため、
まだらになることなく均一にそして早く焼灼することができます。
TEL.03-3636-2301 (代表)
「外科外来」までお問い合わせください。
医療法人社団 清湘会 清湘会記念病院   〒136-0071 東京都江東区亀戸2-17-24  TEL.03-3636-2301(代表) FAX.03-3636-2304
COPYRIGHT(c) Seishokai Memorial Hospital All rights reserved.