江東区 人工透析 糖尿病|清湘会記念病院 公式サイト(東京都江東区)
 
JR総武線「亀戸駅」 徒歩4分
サイトマップ
 
内科
腎臓内科
糖尿病内科
内分泌内科
循環器内科
消化器内科
外科
血管外科
消化管内視鏡外科
腎臓内科
腎臓内科とは
  腎臓に障害が見られる疾患を総合治療・管理するのが腎臓内科です。以下のように急性・慢性の腎臓疾患に応じた治療をします。
急性疾患と慢性疾患
  急性疾患は急性腎不全、急性腎孟腎炎、急速進行性腎炎、薬剤性腎障害、骨髄腫などによる腎障害です。急速な腎機能低下が出現した場合入院・集中的治療を必要とし原因疾患に応じた治療を直ちに始めます。浮腫・高血圧・電解質異常が高度な場合は緊急透析導入を行い、腎機能の回復を助けます。原疾患の治療がうまくゆけば、腎機能は回復し透析は離脱できます。
  慢性疾患は極めて多岐にわたり、以下のような病気があります。全身疾患の影響で腎臓が障害を受けるもの(高血圧による腎硬化症、糖尿病による糖尿病性腎症、膠原病・血管炎などによる腎障害)または腎臓が原因と考えられるもの(慢性糸球体腎炎、慢性腎孟腎炎、腎結石、水腎症)とがあります。
慢性疾患の発見は、その治療は
  きっかけは健診で蛋白尿・血尿が発見されたり、他の疾患の治療中に腎機能低下を指摘されて受診する場合がほとんどです。精密検査(レントゲンや超音波・CTなどの画像診断、生化学検査による腎機能診断)により原因疾患を特定し、各専門外来の先生と連携をとりながら治療・管理してゆきます。
  残念ながら多くの場合、腎機能は回復せず進行性です。原疾患にかかわらず腎障害が高度になった場合は慢性腎臓病(CKD)外来にて将来の透析を視野に入れて総合管理します。
合併症の管理が重要
  近年、糖尿病が原因の慢性腎不全が急増しています。また、腎臓病患者さんの高齢化が進んでおり、合併症の管理・治療(脳血管障害、虚血性心疾患、末梢血管疾患、消化器癌、呼吸器疾患)が非常に重要になって来ていることも事実です。腎臓内科はこうした合併症治療の調整役(主治医)として深く関与します。慢性腎臓病の診療では 、薬物療法だけでなく、管理栄養士による個別の食事療法指導、合併症 の予防、 管理に重点を置いています。
医療法人社団 清湘会 清湘会記念病院   〒136-0071 東京都江東区亀戸2-17-24  TEL.03-3636-2301(代表) FAX.03-3636-2304
COPYRIGHT(c) Seishokai Memorial Hospital All rights reserved.