江東区 人工透析 糖尿病|清湘会記念病院 公式サイト(東京都江東区)
 
JR総武線「亀戸駅」 徒歩4分
サイトマップ
 
内科
腎臓内科
糖尿病内科
内分泌内科
循環器内科
消化器内科
外科
血管外科
消化管内視鏡外科
内分泌内科
対象疾患は
  内分泌内科では、視床下部・下垂体、甲状腺、副甲状腺、副腎などの内分泌器官(ホルモンを産生する臓器)の疾患とそれに伴う代謝異常の診察を行います。
  甲状腺機能亢進症(バセドウ病)、甲状腺機能低下症(慢性甲状腺炎)、尿崩症、抗利尿ホルモン不適切分泌症候群(SIADH)、クッシング症候群、原発性アルドステロン症、先端巨大症、副腎機能低下症、褐色細胞腫などです。
代謝異常とは
  生体では、その構成や機能を一定に(正常に)維持するため、物質の合成と分解が絶えず起り、その動的平衡が保たれています。この化学変化を代謝と言い、ホルモンはこの代謝の調節を司ります。内分泌疾患ではホルモンの過剰や不足が生じ、各種の代謝異常、機能異常が生じます。
よくみられる一般検査値異常
○血清Na値の低下、すなわち低Na血症(副腎機能低下症、SIADH)
○低K血症(原発性アルドステロン症、クッシング症候群)、高K血症(アジソン病)
○高Ca血症(副甲状腺機能亢進症)、低Ca血症(副甲状腺機能低下症)
○高コレステロール血症(甲状腺機能低下症)
○高血糖(糖尿病、クッシング症候群)、低血糖(副腎機能低下症、インスリノーマ)など
よくみられる症候
  多尿(尿崩症)、肥満(クッシング症候群)、体重減少/ふるえ/頻脈(バセドウ病)、寒がり(甲状腺機能低下症)、高血圧(原発性アルドステロン症、クッシング症候群、褐色細胞腫)、色素沈着(アジソン病)、無月経・乳汁漏出症候群(プロラクチノーマ)、尿路結石(副甲状腺機能亢進症)、手足のつり(副甲状腺機能低下症)などの症候があります。
診断
  臨床症候と血液・尿のホルモン測定ならびにX線、エコー、CT、MRなどの画像所見から診断します。
医療法人社団 清湘会 清湘会記念病院   〒136-0071 東京都江東区亀戸2-17-24  TEL.03-3636-2301(代表) FAX.03-3636-2304
COPYRIGHT(c) Seishokai Memorial Hospital All rights reserved.