江東区 人工透析 糖尿病|清湘会記念病院 公式サイト(東京都江東区)
 
JR総武線「亀戸駅」 徒歩4分
サイトマップ
 
内科
腎臓内科
糖尿病内科
内分泌内科
循環器内科
消化器内科
外科
血管外科
消化管内視鏡外科
糖尿病内科
糖尿病は今や国民病
  厚生労働省の調査によると、現在、日本の糖尿病患者さんの数は約740万人。さらに糖尿病の可能性が否定できない人を含めた数は約1,620万人にのぼり、今や国民病とも言われています。
糖尿病は血糖値が上昇する疾患です
  血糖値が高くなるメカニズムは、膵臓から分泌されるインスリンというホルモンが足りない(インスリン分泌不足)、あるいはインスリンの効きがよくない(インスリン抵抗性)のいずれか、または両方です。
  肥満や運動不足はインスリンの効きを悪くし、糖尿病を招きます。糖尿病の合併症の多くは、高血糖の持続により全身の血管が障害されることにより起こります。細かい血管の障害(細小血管障害)により、網膜症、腎症、神経障害が、また、太い血管の障害(動脈硬化症)は、脳梗塞、心筋梗塞、閉塞性動脈硬化症(下肢血管の閉塞)を引き起こします。
合併症を予防するためには血糖値のコントロールが必要です
  糖尿病と診断された患者さんは、ご自身に合った食事(カロリー、バランス)を学んでいただく必要があります。運動についても、年齢や体力、生活パターンを考えた上で行う必要があります。食事、運動療法によっても血糖コントロールが改善しない場合には薬物療法を行います。薬物にはさまざまな内服薬に加え、インスリン治療があります。糖尿病治療薬の開発が進んでおり、最近ではインクレチン関連薬という新しい血糖降下薬も登場し、注目を浴びています。
医療法人社団 清湘会 清湘会記念病院   〒136-0071 東京都江東区亀戸2-17-24  TEL.03-3636-2301(代表) FAX.03-3636-2304
COPYRIGHT(c) Seishokai Memorial Hospital All rights reserved.