江東区 人工透析 糖尿病|清湘会記念病院 公式サイト(東京都江東区)
 
JR総武線「亀戸駅」 徒歩4分
サイトマップ
 
腎炎外来
慢性腎臓病(CKD)外来
糖尿病外来
メタボ・コレステロール外来
呼吸器外来
足の外科外来
下肢閉塞性動脈硬化症外来
下肢静脈瘤外来
リンパ浮腫外来
糖尿病外来
糖尿病患者さんの多くは、
健康診断や他の病気で病院にかかった際に糖尿病と診断されます
  しかし、このとき自覚症状がある人はほとんどいません。血糖値はよほど高くならないと自分では気がつかないのです。このため、危機感が感じられにくく、糖尿病と診断されたのに病院に行かない、行ってもしばらくたつと通院を中断してしまう方も多く見受けられます。
血糖値が高いと何が問題なのでしょうか?
  高血糖が長く続くといろいろな合併症が出てくることです。合併症には、眼の障害、腎臓障害、神経障害、脳梗塞、心筋梗塞、足の血管の閉塞などさまざまなものがあります。いずれの合併症も進行すれば日常生活に支障をきたし、命を脅かすものです。
合併症を防ぐには血糖コントロールが必要です
  糖尿病と診断されたら定期的に受診し、血糖のコントロールができているか、合併症が出てきていないか、をチェックすることが大切です。
  糖尿病治療の三本柱は食事療法、運動療法、薬物療法(飲み薬、インスリン注射)です。当院では、糖尿病に関する幅広い知識を持った専門スタッフが常勤しており、患者さんの生活を理解し、医師の指導のもと、適切な自己管理ができるようサポートします。
  また、当院では、血糖コントロールの指標である血糖値およびHbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)の結果を受診したその日にお知らせすることができます。したがって、タイミングを逃さず適切な治療を受けることができます。
医療法人社団 清湘会 清湘会記念病院   〒136-0071 東京都江東区亀戸2-17-24  TEL.03-3636-2301(代表) FAX.03-3636-2304
COPYRIGHT(c) Seishokai Memorial Hospital All rights reserved.