江東区 人工透析 糖尿病|清湘会記念病院 公式サイト(東京都江東区)
 
JR総武線「亀戸駅」 徒歩4分
サイトマップ
 
  当院では、シャントトラブルの治療、シャントの検診、下肢の血流障害の治療に注力しております。透析医療機関様におきまして、ご利用のご要望がございましたら、ご連絡ください。
当院では、シャントトラブルの治療に、より迅速に対応できますよう取り組んでおります。
従来のシャントPTA・手術に加えまして、
より専門性を生かした再建術(下図1・2)も行っております。原則として日帰り治療になります。
図 1 皮下脂肪が厚く穿刺が困難な症例に対する皮下脂肪切除術
術前エコー所見
手術所見
 
図 2 中心静脈閉塞に伴う高度の静脈高血圧に対するクロスオーバーバイパス術
術前DSA検査
手術所見
シャントトラブルの予防策として、エコー検査による定期的なスクリーニングが注目されています。
当院では、血管外科医や血管検査技師が検査を行い、シャント急性閉塞がかなり減少しております。
こうした「シャントの検診」をふくめまして、透析の際などにシャントの異常が疑われましたら、
一度当院でエコー(必要に応じてDSA)などによるチェックをお受けいただくことをおすすめいたします。
閉塞性動脈硬化症や糖尿病性足壊疽により通院困難になる患者さんが増加しております。
透析患者さんの自立性を保持することを目標といたしまして、
当院では東京大学血管外科とも連携をとり、
血管外科的な診察、ABI検査、CTアンギオ、DSA、PTA、下肢動脈バイパス術などに力を注いでおります。
御連絡は、下記担当者宛に、お気軽にお電話ください。

TEL.03-3636-2301(代)

外科外来
 
医療法人社団 清湘会 清湘会記念病院   〒136-0071 東京都江東区亀戸2-17-24  TEL.03-3636-2301(代表) FAX.03-3636-2304
COPYRIGHT(c) Seishokai Memorial Hospital All rights reserved.